金沢中央信用組合
TOPページ
理事長ご挨拶
組合概要
店舗・ATMのご案内
預金商品
融資商品
ディスクロージャー誌
各種サービス
手数料一覧
電子公告
各種規定


法人・個人事業主のお客様


地域密着型 金融の取組み
金融円滑化に 向けた取組み
苦情処理・紛争解決 措置の概要
振り込め詐欺救済法 への対応について


金融機関コード
2411 
 

消費税価格 転嫁等対策







組合概要
 
                           (令和3年3月現在)
○名 称    金沢中央信用組合
○所在地  石川県金沢市上近江町15番地
○設 立   大正13年2月4日
○出資金  5億5千9百万円
○預金残高  218億円
○融資残高  105億円
○従業員数   29名
○店舗数  3店舗
事業の組織図 

当組合の事業方針

経営の健全性確保
(1) 取引先の悩み・経営課題を共有し、公認会計士・税理士等、外部の人材活用等により問題解決の手助けを行い、堅い信頼関係の構築と取引先の事業の再構築を側面的に支援することで貸出資産の健全化を進めます。
(2) 小口多数取引に徹し、収益力の強化とリスク分散を進め、リスク管理の強化により資産の健全化を進めます。
(3) リスク管理態勢の整備強化を図り、各種リスクを事前把握することにより、リスクの顕在化の防止・抑制に努めます。

コンプライアンスの徹底
(1) 当組合では、組合員からの信頼獲得のため誠実かつ公正な業務の遂行等により、顧客保護等管理態勢の構築・推進に努めます。
(2) 定期的な内部研修をはじめ、常勤監事による全職員に対するヒアリングの実施等により、コンプライアンスに対する意識の醸成と不祥事件の未然防止に努めます。

働きがいの追求
(1) 組合員のニーズに応えられる人材を育成するため、通信講座を含めた研修体制を整備するとともに自己啓発を促進します。
(2) 働く職員同士のコミュニケーションの向上と職員一人ひとりがスキルアップすることにより働くことへの意義を感じ、働きがいのある職場づくりを目指します。



 
利益相反管理方針 勧誘方針 個人情報保護宣言 個人情報の第三者 提供先利用目的
反社会的勢力に 対する基本方針 保険募集指針 預金等の不正な払戻し 被害への対応について 経営者保証に関するガイ ドラインへの対応方針