金沢中央信用組合
TOPページ
理事長ご挨拶
組合概要
店舗・ATMのご案内
預金商品
融資商品
ディスクロージャー誌
各種サービス
手数料一覧
電子公告
各種規定


法人・個人事業主のお客様


地域密着型 金融の取組み
金融円滑化に 向けた取組み
苦情処理・紛争解決 措置の概要
振り込め詐欺救済法 への対応について


金融機関コード
2411 

消費税価格 転嫁等対策





理事長ご挨拶

ごあいさつ 

  
 平素は金沢中央信用組合に格別のご愛顧とご支援を賜り厚く御礼申し上げます。
 令和2年度の我が国の経済は、新型コロナウイルス感染症の大流行により、総じて厳しい1年となりました。当地域においてもインバウンドや首都圏からの観光客の減少により、関連する業界を中心に売り上げが大きく落ち込み、事業の継続に向けて様ざまな努力がなされているところですが、未だ収束が見通せない状況が続いております。
 当組合ではこの1年、こうした中でこそ組合員を支え・守るという強い信念のもと、組合員の皆さまの要望に迅速にお応えし、資金供給のみならず、各種補助金・助成金の申請サポート等に努めてまいりました。

 今夏以降、ワクチン接種が進むにつれて、遠からずコロナ禍は収束に向かうと思われますが、様ざまなことが取り沙汰されています。当組合では、社会の変化に対応すべきところは対応する一方、信用組合の基本理念である「相互扶助」の精神を不変に、持続可能なビジネスモデルの構築に努めてまいります。
 また、私ども金沢中央信用組合は、これからも組合員の方々から「ちゅうしん」と愛称で呼ばれ、『愛される・親しまれる・頼られる』業域・地域のコミュニティ・バンクとして、「フットワーク」と「フェイス・トゥ・フェイス」をモットーに、組合員の皆さまとの「共通価値を創造」し、「ともに栄え」、「ともに歩んでいく」ことを目指してまいります。
 今後とも変わらぬご支援と、ご指導を賜りますようお願い申し上げます。

  
 令和3年7月

   理事長 山 口  孝 
 
利益相反管理方針 勧誘方針 個人情報保護宣言 個人情報の第三者 提供先利用目的
反社会的勢力に 対する基本方針 保険募集指針 預金等の不正な払戻し 被害への対応について 経営者保証に関するガイ ドラインへの対応方針